見ためコワイ?中身あまったれ。そんな黒犬。    ベルジアングローネンダールの日常。


by nemuchu

放射能対策、過度に恐怖心を持たない事。

2011/3/17(一部編集有)

福島の原発が断続的に危機的な状況。
しかし、技術者の方達は自身の被曝覚悟で必死に頑張ってくれています。
エールを!!

(ちなみに私は、どちらかといえば原発反対派です。この一連の事がおさまったら、原子力発電所をなくしていこう運動なんかに荷担するかもしれない。
でも、『今、被害を止めようとがんばっている』のは、原発を計画した人達じゃないんです。。。)


今あそこで何が起きているのか?
どういう仕組みになっているのか??
下記URLで詳しく見られます。
ちょっと(かなり・・・?)難しいですが、「こういった正しい知識の在処を知っておかれる事も大事だとおもいます。
(や、私にもよくわからない箇所多数なんですが。。。)
http://bravenewclimate.files.wordpress.com/2011/03/fukushim_explained_japanese_translation.pdf

ついでに、放射線の話:
http://club.pep.ne.jp/~tsunoda/housyasen.html

なお、現状では、避難地域/屋内退避地域外の方に、「深刻な被害が出るとは考えにくい」状態です。
現状、屋内退避地域外で測定されている放射線量は、それを「住民全員が日常的にあびて元気に生活している地域も、世界にはたくさんある」という程度でしかありません。
飛行機に乗ると(特に北極圏/南極圏に近い場所)、もっと大量の被曝をします。それを仕事とするパイロットさん、CAさん、人気職ですよね?健康的で活動的なイメージがありますよね?
また、TVニュース等では「普段の**倍」なんて放送していますが、「日本の、今現在の数値が低い」から、やたら多く見えているというだけで、「我々が生まれた当時は、今の100倍くらいのセシウム-137(TV等で「ヨウ素とかセシウム」と言われているもの)濃度でした」し、

下記ページの「大気浮遊塵中のセシウム-137濃度の推移」のグラフを参照
(縦軸となる横線一つで10倍の濃度、2目盛りなら100倍、3目盛りなら1000倍だそうです):
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/radiochem.htm

で、じゃあ今の100倍の放射性物質を含む塵を吸って何年も生きてきた我々が、健康被害を受けているか?というと。。。
0だとは言いませんが、今の貴方、お友達、周囲の方、健康な方のほうがずっと多いのではありませんか?
今は、心配しすぎない事、不安でパニックにならない事が、とても大切です。

また、よく原発事故というと「チェルノブイリ」と比較されます。
「チェルノブイリのようになる」「チェルノブイリに次ぐ惨事だ」という表現も見かけます。
しかし、そもそも原発事故って、そんなに何度も起きていません!
比較対象がものすごく少ない状態で、『歴代2位の被害』と言われても、過剰に動揺する必要はありません!!

歴代3位のスリーマイル事故では、8km圏内避難16km圏内屋内待機で、住民への被害はほとんどありませんでした。
この時、原子炉はアメリカ型、炉停止後の事故。
1位のチェルノブイリでも、完全な避難は30km圏内。ソビエト型の原子炉が試運転稼働中に爆発発生。
福島は、アメリカ型の原子炉を使っており、かつ炉は既に停止。
「チェルノブイリと同様の爆発を福島で起こさせる事は、炉の型からいって、やろうとしてもまず不可能」だそうです。

それでもご心配な方、少しでも何か対策されたい方、こういった場合の放射線対策は、
「花粉症対策とほぼ一緒です!!」
空気中に放射性物質を含む塵が浮遊しており、それを吸い込んだ(内部被曝)時、身体に付着した(外部被曝)時悪さをするのです。
この時、花粉と一緒で、「吸い込む/付着するのを防げば、被害の発生を遅らせる事ができます」
大量に吸い込めば、短時間で被害がでる。少しづつならば、長時間被害がでない。となります。
「放射性物質を含むチリ」を極力吸い込まない、触れない事が大切です。

特に、内部被曝は放射性物質を排出する事が難しく長時間体内に留まってしまう為、外部被曝よりも問題が大きくなりやすいです。
ですので、「外出を控える」「マスク」が重要です。
また、花粉対策と違う所は、「家に入る際、衣服を払わない」という点。はたいて払うと塵を舞い上がらせ、吸い込んでしまう原因になります。
外出用の上着等は塵が舞い上がらないようそーっと取り扱い、玄関など居室から遠い場所に置きましょう。
心配でしたら、ビニル袋やブリキ缶等に入れておきましょう。

・塵を吸い込んだり、あびてしまう時間を減らす為、無用な外出はなるべく控える。
・窓を閉める。
・外気を取り込む、換気扇やエアコンの使用を控える。
・すきま風が多く入るような場所では、隙間をテープや布でふさぐ。
・外出時は、花粉用マスク(内側に、ぬらした布をあてると更に良い)でまず塵を吸い込むのを防ぎ、次に帽子、めがね、マフラー、手袋、コート、雨合羽等で身体の露出部をなるべく覆う。
・家に入ったら、少なくとも手や顔など露出部を石けんを使い洗い流し、鼻をかみ、うがいをする。
 更に用心するならば頭髪と身体もシャワーで丁寧に洗い流す。(その後浴室も洗い流す)
・洗濯物は塵をかぶらないよう室内干しにする。
・食料品を運搬する際は、ビニル袋、ブリキ缶、布等で密閉/覆いして運ぶ。


そういった事で、屋内退避地域外の方でしたら十分に対処できます。

外部被曝の場合「放射性物質を含んだ塵」は洗い流せば除去できます。
屋内退避地域外の方でしたら、普通にシャワーを浴び、洗濯すればそれで良いのです。

が、避難地域内の方など「高濃度の放射線を浴びた可能性がある」場合、絶対に自宅で衣類の洗濯をしないでください。
汚染を家族や周囲に広げる可能性があります。
そういった際には、衣類は塵が舞い上がらないようそーっとビニル袋等に密閉し、居室から遠い場所に置き、専門家に放射線量を測定してもらい、指示を仰ぎましょう。
(あくまでも高濃度の場合の対処です。例えば現在の東京では洗濯禁止などの対処は必要ありません
)

なお、万が一体内に放射性物質を含む塵を吸い込んでしまった、もしくはその可能性がある場合の対策として、「ヨウ素」を摂取する事があげられます。
これは、放射性ヨウ素を体内に長時間ため込まないようにする対策です。全ての放射性物質の吸い込みに効果がある訳ではありません。
「放射性ヨウ素」は体内に取り込まれるとホルモンの材料として主に甲状腺に蓄えられます。
このために甲状腺から直接体内の重要な組織に、放射性ヨウ素が放出する放射線が当たり続けることになり、放射線障害を引き起こします。
人間がため込む事のできるヨウ素の量には上限があり、たくさん摂取すれば余分なヨウ素は自然と体外に排出されますので、ヨウ素を多く摂取すれば、もしも放射性のヨウ素が体内にあっても、早めに排出され被害を少なくできるのです。

万が一汚染地域が拡大し内部被爆した場合には、被害の大きい若年の方には、医師/行政/対策班の指示の元で「安定ヨウ素剤」というものが投与されます。
これは、確実に放射性ヨウ素を排出させる事のできる、大量のヨウ素が含まれたお薬です。
一般に入手出来る物ではなく、副作用や、服用の禁忌もあり、個人の判断で服用できる種類の薬ではありません。
避難所等で、必要な場合に、個々人にあわせて配布/服用指示があります。
国内では40歳未満の方への処方になるようです。(それ以上の年齢の方は、多少の被爆では甲状腺の異常はきたさない為)
万が一被曝しても、対策が用意されています!

なお、現在ネット上では
「うがい薬を飲め」「ヨードチンキを飲め」などかえって害のある完全なデマ情報、また「海草(昆布)をたべればいい」等の実際の効果の低い対策情報がたくさん流れています。
デマ情報に惑わされないようにしましょう!

絶対に、うがい薬は飲まないで下さい!!
(1)うがい薬などの市販薬は内服薬ではなく、ヨウ素以外の成分も多く含まれており、飲むと体に有害な作用を及ぼす可能性のある物質も含まれる
(2)飲んだとしてもヨウ素含有量が少なく、放射性ヨウ素が集まるのを抑制する効果がない
と、独立行政法人・放射線医学総合研究所が注意を呼びかけています。

なお、小さいお子さんのお母さんで被害地域にごく近い、元々精神的に不安定など、「どうしても不安で不安で仕方がなく、少しでも対策をする事で、精神を安定させ、パニックになるのを防ぎたい」方の場合、
安定ヨウ素剤ほどの効果は見込めませんが、ヨウ素がたくさん含まれる「昆布を食べる」という対策は確かにあるようです。
大人で1日に30g位摂取するといいそうです。(お子さんには体重比で)
しかし、理性や自制心でパニックを避けられる方は、現状被害が出るような状態ではない事を踏まえ、また効果の不確定な対処法でもあり、貴方の買いしめ行為を見た方が集団心理で不安を募らせる等の混乱を避ける為、この対策はできれば実行しないでください。

昆布は、必ずしも一定量ヨウ素が含まれる訳ではない、消化吸収に時間がかかる、、食べ物としてはたくさんのヨウ素が含まれるが安定ヨウ素剤と比べたらかなり低い
などの理由で、必ずしも効果がある訳ではありません
どちらかといえば、多くの専門家が、「昆布食べるとか海草食べるとか、気休め。効果はない。」と仰っています。
本当にヨウ素の大量摂取が必要な状況になれば、行政/医師/自治体から効果の高い安定ヨウ素剤が配布されます。

--昆布摂取の注意点--
妊婦さんが昆布(ヨウ素)を大量摂取すると、胎児に悪影響のある場合もありますので、自己判断で妊婦さんが昆布を大量に食べるのは特におやめください。

参考書籍:
民間防衛-スイス政府編- 原書房

上記の記事は、根っからの文系人間であり専門家ではない一般人ごろーが、書籍やネットで調べた情報を元に書いています。
最大限正確な情報を入手するよう努力はいたしましたが、あくまでも「放射性物質や被曝についてはずぶの素人」が書いた記事であるという事をご承知の上、自己責任でご参考になさってください。
記事の正確性を保証するものではありません。
間違っている箇所、誤解をうむ表現を見つけられた方、是非是非ご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。

[PR]
by nemuchu | 2011-03-15 17:47 | 時事問題