見ためコワイ?中身あまったれ。そんな黒犬。    ベルジアングローネンダールの日常。


by nemuchu

ワンコ、猫、鳥さんと水道水

動物病院に確認しました。

幼児の飲用は控えるよう警告がでている地域にお住まいであっても、
ワンコ、猫、鳥さんには、普通に水道水をあげて問題ないそうです。
犬猫鳥が何十年も生きる事はまずない事(現段階で検出されている放射性物質の量で害がでるのは、数年単位で毎日大量に飲み続けた場合に、20~30年後から発症とのこと)、
摂取量が人間と比べると少ない場合が多い事、放射性物質を摂取しても(人間の成人含め)大部分は排出されてしまう事などから、
生きている間に害がでるほどの放射性物質が蓄積される事はまずないでしょうと。

かえって、硬水のミネラルウォーターを与え続けた場合、ミネラルの摂りすぎで尿道結石等ほかの病気になる事があります。
ご注意下さい。
ごく幼児期のみ、用心したい場合にはミネラルウォーターという事もありだそうですが、できるだけ硬度の低い普通の軟水をあげてください。特殊効果があるもの(アルカリ性だとか、イオン水だとか)はできるだけ避けましょう。
なお、妊娠中の母体、及び授乳中の母体が水道水を飲んでも、胎児、母乳にはほとんど放射性ヨウ素は移行しないという事です。
お母さんの身体が、除去フィルターの役割をするようです。

煮沸するといい等の情報もでまわっていますが、放射性物質はその程度では揮発しません。
放射性物質が揮発するのは、600度以上の高温であり、その前に水が蒸発してなくなってしまいます。
また、浄水器については、そもそも水道水に放射性物質が混じる事が前提とされていない為、「除去できるかどうか?」は、メーカーでも「不明」としか答えられないようです。
どのように計測すればいいのか?どうなれば「除去できた」事になるのか?という検査手段すらきちんとは確立していないのだとか。

ですので、現段階で「この浄水器は、放射性物質を除去できます!」等という売り文句は、100%詐欺になりますので、
高額の詐欺販売にはくれぐれもご注意ください。

-蛇足-
幼児には水道水を飲ませないようにと言っているけれど、粉ミルクメーカーは「ミネラルウィーターで粉ミルクを調乳しないで!」とも言っています。
じゃ、どっちに従えば良いの?というのをメーカーさんに問い合わせた方のブログをみつけたのでご紹介しておきます。

結論としては、
1)今回のように水道水から汚染物質が見つかった場合、水道水よりもミネラルウォーターを使った方が良い
2)ただし、できる限り「栄養価の低い、特殊効果をうたっていない、普通の軟水」を選んで欲しい。
 (硬水等は、ミネラル分の摂りすぎになり、体調不良を起こす可能性がある)
3)硬水、栄養価の高い水、アルカリ性の水等しか入手出来ない場合はそれを使っても必ずしも害がある訳ではないので、水道水よりはよいが、体調を崩す事があるのでよく観察してあげる
という事のようです。

以下参考に。
http://shachoublog.net/nyu-su/mineraruwho-ta-konamiruku.html
[PR]
by nemuchu | 2011-03-24 15:43 | 時事問題